『衣類の保管の仕方~ガスによる変色について』

第46回『衣類の保管の仕方~ガスによる変色について』

ビニール袋を取り外して、服を着ようとしたら、変色していた!なんてことはありませんか?

衣類を保管中、ガスが接触した箇所で変色が起きます。
衣類がガスで変色するのは、ガスによる酸化作用や還元作用で染料が分解されるためです。

そもそもガスとは?
それは酸化窒素ガスや亜硫酸ガスなどです。
特に日常生活では石油ストーブやガスストーブなどの暖房器具やガスコンロ、ガス湯沸かし器の燃焼の際に、空気中の酸素と窒素が化合して発生するのが、酸化窒素ガスです。
自動車の排気ガスも酸化窒素ガスの発生源です。
ビニール包装はガスがこもるため、変色が起きやすくなります。
クリーニング後の保管はビニール包装をはずしましょう。