『“繊維の宝石”カシミヤ』

第32回『“繊維の宝石”カシミヤ』

寒い山岳地帯に生息するカシミヤ山羊から取った綿毛を原料とする「カシミヤ」。絹のような美しい光沢、軽く柔らかな触り心地、高い保湿性を持つ高級素材です。

ウールは一頭から約4キロほど取れるのに対し、カシミヤは山羊一頭から200グラム程しか取れない上、不純物を取り除く工程のあとに残るのは約100グラム程度。

その希少性から“繊維の宝石”と言われています。

●柔らかな風合いを生かすために、あえて糸の撚りを少なくしているものが多く、毛が抜けたり、毛玉ができやすいので、連続着用は避けましょう。バックの紐やシートベルトなどによる摩擦にも注意。
●水の影響を受けやすい。収縮したり、水分を含んだ状態で摩擦を受けるとフェルト化することがある。
●衣類害虫にとっては『ご馳走』、防虫対策を!