『毛玉を予防する』

第31回『毛玉を予防する』

毛玉は着用時に摩擦を受けることが多い両脇、袖下、腹部などに集中して発生します。
毛玉ができやすいのは、以下の3つです。

 ①柔らかい繊維(アンゴラ、カミシヤ、ラムウール等)
 ②糸の撚りが少ないもの(カシミヤ、アクリル等)
 ③起毛が大きいもの(フリース等)

これからは連続着用を避け、バッグの紐・リュックサックの背当て・シートベルト等で同じ部分ばかり摩擦しないよう注意しましょう。

また、着用後は地の目の方向に沿ってブラッシングし、家庭洗濯の際には、裏返したり、洗濯ネットに入れて短時間で洗うようにしましょう。